鍼灸学校でスペシャリストを目指す!頑張ればあん摩のスキルも習得可

灸と鍼

鍼灸学校は国家資格の合格率に注目しよう

患者と先生

鍼灸専門学校はこの20年で数が4倍になり、現在は全国に約100校あります。数が増えれば質が下がってしまうので、学校選びはとても重要になります。選ぶなら、質の高い教育を施してくれて、卒業生が実際に鍼灸師として高い評価を得て活動している学校を選ぶべきでしょう。
鍼灸師として活動できるだけのレベルの高い教育を施しているかの一つの指標は、国家資格の合格率です。はり師もきゅう師も平均合格率が70%から80%前後となっているので、それよりも高い所を選んでおけば安心です。合格者状況は既卒者と新卒者の両方がデータとして毎年開示されるので、数年分をチェックして参考にすると良いでしょう。これは学校がアピールにも使える情報なので、合格率に直してホームページに掲載していることもあるので、学校の公式ホームページも見ておくと良いです。
また、実技時間が多めのカリキュラムを採用している学校の方がおすすめです。実技では実践力を養うことができるので、卒業後就職してすぐに即戦力になれる人材を目指すことができます。もちろん、そうした学校は実技のみの特化しているわけでもなく、座学知識も十分に得られるように配慮されているので、国家試験の合格もきちんと目指せます。

TOP